アウトバウンドコールセンター委託で働き方改革

公開日:2019年8月9日

アウトバウンドコールセンターとは、コールセンターからユーザーへ向けて電話をかけ、さまざま提案や調査をするサービスです。自社でユーザーへ電話をかけ、新規顧客の獲得などをするにはかなりのスキルが必要となり簡単なことではありません。そのようなときに有効なサービスが、コールセンター 委託となるのです。この記事では、アウトバウンドコールセンターの導入事例などについて紹介します。

アウトバウンドコールセンターのよくある悩み

電話を使った業務が苦手だという企業も多いのではないでしょうか。また、メインの業務が忙しく、電話業務の時間が取れないという企業もあるでしょう。ここでは、アウトバウンドコールセンターへよく寄せられる企業の悩みを紹介しましょう。

既存業務が多忙で新規開拓ができない

企業が成長していくためには、新規の顧客を獲得することは必須です。しかし、メインの業務が忙しすぎるなどの理由で、電話アポイントでの新規顧客の開拓業務に集中できないという悩みがあります。しかし、コールセンター 委託を利用することで、これらの問題を解決することが可能です。豊富な専門知識や高い対応スキルを持ったコールセンタースタッフが、顧客となる可能性が高いアプローチ先を抽出してコンタクトします。自社で時間を取って電話アポイント業務を行うよりも、効果的に新規開拓を行うことが可能といえるでしょう。

休眠顧客の掘り起こしをしたい

過去に商品やサービスを利用してくれた実績があるユーザーで、ある時期から一定期間利用実績がないユーザーも多くいます。このような休眠顧客の掘り起こしも、コールセンター 委託が効果的です。電話やメールで、ユーザーがなにを求めているのかを調査し、どのような商品やサービスを利用することで、その求めていることが解決できるのかを把握できます。そして、アポイントを取れなかったユーザーに関しては、取れなかった理由や改善点の報告をもらうことができるのです。

突然のアンケート事案発生に対応したい

企業では、商品やサービスを展開するにあたって、アンケートや世論調査などが必要となるケースがあるのではないでしょうか。期間が多く設けられているのなら問題ありませんが、突然アンケート結果が必要になることもあります。これら急ぎの調査などでも、コールセンター 委託を活用することで解決できる可能性があるのです。コールセンターでは多くの案件を取り扱った実績から、さまざまなノウハウがあり迅速で効率的なアンケート結果を獲得できます。また、調査対象の選定や収集方法まで、トータルなサポートも受けることが可能です。

アウトバウンドコールセンターの導入事例

アウトバウンドコールセンターは、さまざまな業種や目的で活用されています。ここでは、日本テレネットのBPOサービスが成果を出した、サービスの導入事例を紹介しましょう。

最短2日で編成しアンケート収集

急な依頼でも、迅速に対応し成果を出した事例があります。クライアントである大手調査会社から、必要なサンプル数を獲得したいが時間が足りないのでなんとかしてほしい、という急なアンケート調査依頼がありました。この依頼に対し、多くの実績から得たノウハウや運用体制を発揮して、クライアントが満足できるサポートチームを最短2日で編成し、依頼のアンケート結果を短期間で収集することに成功したという事例です。これにより、短期間でクライアント企業が求めていた、アンケート結果のサンプル数を獲得することができました。

シニアによるシニアのための通販窓口

シニア世代の顧客開拓で大きな成果を出した事例があります。クライアントである大手カタログ通信販売会社は、化粧品や健康食品などの売り上げ向上を目指していました。その依頼に対し、日本テレネットのBPOサービスでは、通販のアウトバウンドを展開し既存会員への積極的な案内や休眠顧客へのアプローチを実施し、販売数の増加や新規顧客の獲得へ結びつけたのです。シニア世代へは、説得力のあるベテランオペレーターを起用して売り込みを実施しました。これにより、クライアントの大手カタログ通信販売会社は、新規顧客の獲得と販売数を向上させることに成功したのです。また、休眠顧客へアプローチしたことにより、追加注文の受注も入るようになりました。

アポイント獲得に強いアウトバウンド

新規顧客の開拓に力を入れたいと考えている大手企業からの依頼で、業務の効率化や売上拡大を成功させた事例もあります。この依頼には、アポイント獲得のため販促支援型サービスを提案し、販売や新規顧客の開拓支援、休眠顧客へのアプローチなどを実施しました。これらの、販促支援を展開することにより、クライアント企業の業務効率化と売上拡大につなげることができたのです。また、営業チャンスを増やすための新規顧客の獲得にも成果を出しました。このように、日本テレネットのBPOサービスでは、売上につながりそうなアプローチ先の選定や、実績あるオペレーション戦術でのアポイント獲得が可能です。

コールセンター 委託なら実績ある日本テレネットのBPOサービスを検討しましょう

企業ではさまざまな業務があり、すべてに力を入れる時間や人員が不足していることが多くあります。しかし、企業成長のためには、新たに顧客を増やすなどの業務を疎かにすることはできません。アウトバウンドコールセンター委託は、自社で行うよりも効率的に電話業務を任せることが可能です。コールセンター 委託を活用するなら、実績と専門スキルがある日本テレネットのBPOサービスへの委託を検討してみてはどうでしょうか。


「コールセンター委託ポイント」については【2019年版】コールセンター委託ポイントを徹底解説!の記事もぜひご参照ください。