【2020年版】成功するアウトバウンドコールセンター委託先選びのコツ!

このところ、アウトバウンドコールセンターのサービス業務をアウトソーシングする企業が増えています。コールセンターを外部に委託するメリットは、専門業者なので効果的・効率的な営業活動が可能になり、求める成果が出しやすくなる点です。

アウトバウンドコールセンターを委託する企業を選ぶ際に注意すべきポイントとはどのようなものでしょうか。 (2020年版として更新しています)

アウトバウンドコールセンターとはどんなもの?

コールセンター業務は、「アウトバウンド」と「インバウンド」の大きく2つに分けられます。「アウトバウンド」は、コールセンターからお客様に電話をかけるサービス業務です。「インバウンド」は、お客様からの電話をコールセンターで受けるサービス業務です。電話をかけるか、電話を受けるかが2つの大きな違いということになります。

アウトバウンドコールセンターは、電話で営業するためテレアポとも呼ばれます。アウトバウンドコールセンターを作る目的は、見込み客に向けて効果的な電話セールスを行い、販売促進につなげることです。アウトバウンドコールセンターで見込み客に電話をかけてファーストコンタクトを取り、その後で営業担当へつないで商談へと導きます。アウトバウンドコールセンターは、新規顧客獲得に向けた営業活動を電話で行うものです。


これに対して、インバウンドコールセンターは、主に既存のお客様からの電話に対応します。苦情や相談など、既存顧客からの電話の受付窓口になるのがインバウンドコールセンターです。


アウトバウンドでは、電話の専用機能を利用して効率化を図るのが定石です。そのため、アウトバウンドコールセンターの電話設備には、専用の機能があります。プレビューダイヤリング機能では、あらかじめリスト化した見込み客の電話番号に自動発信する機能です。電話番号を入力しなくても電話をかけることができるので、とてもスピーディです。

アウトバウンドコールセンター代行サービス選びのポイント

アウトバウンドコールセンター業務をアウトソーシングするには、代行サービス会社に依頼することになります。代行サービス会社を選ぶときには、選ぶポイントがいくつかあるので知っておきましょう。

アウトバウンドコールセンターは、販促を担当するという目的が明確です。ですから、代行サービス会社がその目的をきちんと達成できるベンダーであるかどうかを見極めることが重要になります。これを判断するポイントとしては、代行サービス会社の過去実績やノウハウなどが役に立ちます。これまで実際にどのくらいコールセンター代行の案件を担当しているのか、どのような成果を出しているのか、数字を見て判断しましょう。

可能であれば、ある程度の規模を絞って、複数のコールセンター代行サービス業者で実際にテストしてみることも有効です。業務の行い方や電話の対応力、効果などをチェックできるので、複数社代行サービス業者の候補があって迷うような場合にはテストを実施するとよいでしょう。

たとえば、日本テレネットでは、アウトバウンドコールセンター代行の実績が豊富です。BtoB、BtoCどちらにも有効なプラットフォームを用意しているので、幅広い分野の電話対応が可能です。

特に、BtoCの通販代行については10年以上の実績があり、安心して任せられるでしょう。アウトバウンドコールセンターの専門知識を持つ、ベテランスタッフが質の高い電話対応をするので、高いレスポンス率も確保しています。アウトバウンドコールセンター代行のプロとして、効果的な販促活動を支援します。

アウトバウンドコールセンターは専門業者に任せて安心!

アウトバウンドコールセンターを外部委託するなら、アウトバウンドコールセンターを設置する目的をしっかり達成できる会社を見極めることが重要です。

特に、通販分野のアウトバウンドコールセンターを委託するなら、この分野の代行実績が豊富な日本テレネットのBPOサービスを利用することができます。
これからアウトバウンドコールセンターの電話業務に力を入れて行きたいなら、まずは問い合わせ・見積り依頼をしてみてはいかがでしょうか。


「コールセンター委託ポイント」については【2020年版】コールセンター委託ポイントを徹底解説!の記事もぜひご参照ください。