【2021年版】太陽光発電の設置・費用がよくわかるポイント

最終更新日:
Rawpixel.com – jp.freepik.com によって作成された people ベクトル

太陽光発電に関する業務は、設置費用の説明で電話対応に苦慮することが少なくありません。この記事では適切なコールセンターの選び方に触れながら、2021年における太陽光発電の設置費用のポイントについて解説します。

目次

資料ダウンロード

日本テレネットBPOサービス紹介資料

日本テレネットBPOサービス紹介資料

自社回答率99%を超えるヘルプセンターなど、高度な専門性のテクニカルサポートで高い顧客満足度を実現します。

太陽光発電システムの設置費用

太陽光発電システムの導入にかかる費用は年々変化しています。その推移や費用変化の理由を把握しておけば、最適なタイミングで太陽光発電の導入を勧められるかもしれません。BPOでコールセンター業務を委託するならば、この点を適切に解説できる業者を選ぶ必要があります。

太陽光発電システムの設置費用の推移

太陽光発電の設置費用は下落傾向にあります。2009年の家庭向け太陽光発電の設置費用は約300万円です。2020年には約140万円に下がりました。(※5kW設置の場合)経済産業省の資料によれば、2021年の太陽光発電システム設置費用の相場推定額は、約137.5万円です。

太陽光発電の規模別設置費用の相場

平均的な太陽光発電パネルを元に容量の規模別に設置費用を計算すると、2021年では1kwあたり約27.5万円かかります。例えば、4kwの太陽光発電では110万円ほどです。5kwの太陽光発電だと約137.5万円、6kwでは約165万円です。

太陽光発電設置の内訳・必要な器材

費用の内訳や器材の説明では、コールセンターのオペレーターに専門的な知識がいります。BPOでコールセンターを利用する場合には、業務に適した知識をインプットして対応してくれる業者を選ぶようにしましょう。太陽光発電の設置における費用内訳や器材について、インプットしておきたい知識は、以下のような内容です。

太陽光発電パネル

代表的な太陽光発電パネルの価格は約130万円から約200万円(※発電量6kW相当)です。変換効率のよいパネルほど価格が高い傾向にあります。ただし、実際に提示される設置費用総額では、太陽光パネルの費用は値引きされているケースが多く、定価どおりではありません。経済産業省の調達価格等算定委員会に提出された資料によれば、1kwあたりで19.5万円と算出されています。

パワーコンディショナー

太陽光で発電した直流電気を、一般家庭用の交流電気に変える機械が、パワーコンディショナーです。対応する定格出力によって価格が大きく変化します。4.0kw相当で16万円ほど、5.0kwで20万円前後が相場です。太陽光発電の器材費としては20万円ほどが相場だとされています。

架台

太陽光パネルの固定や角度調整するために必要な建材です。太陽光パネル4枚分、およそ5平方メートルの面積を固定する住宅用の架台で約2.3万円かかります。

発電モニター

太陽光パネルの発電量や、家庭内での電気消費量、電気会社への売却量を表示するモニターです。モニターだけでなく、インターネットで確認ができるものもあります。発電モニターの相場は1万円前後から数万円と、機能によってまちまちです。

設置工事

工事費は1kwあたり6.5万円です。この価格は、業者によって多少の違いがあります。器材費が安くとも設置費用が高い業者も存在するので内訳には注意しましょう。

保険

自然災害などで、太陽光発電が壊れたり発電ができない状態になったときに、助けになるのが保険です。動産総合保険料では初期費用の2.5%から3.5%、その他の保険では0.3%から3%ほどの保険料がかかります。なお、保険費用は発電規模に比例して大きくなります。

太陽光発電設置後の費用・採算

太陽光発電は、発電した電力を電力買取単価で買い取ってもらうことができます。そのため、設置にあたっては、費用と収入を考慮し、採算が取れるか判断して決めるとよいでしょう。

売電価格の年別推移

太陽光発電の電力の固定価格買取制度は2009年に、1kwhあたり48円で開始しました。この年から2012年までは、諸外国と比べて、高い電力買取単価が設定されています。しかし、2013年には38円に、2018年には28円にまで下がりました。2020年には21円、2021年では19円、2022年は17円と電力買取単価は毎年下がっています。

太陽光発電の設置費用は買取価格と連動している

電力買取単価が下がった理由は、固定価格買取制度が太陽光発電の普及を目的にしているからです。電力買取単価は、太陽光発電システム設置費用を参考に、10年間の発電で設置費用が回収できる価格に決定されます。つまり、設置費用と電力買取単価は連動しており、設置費用が下がると電力買取単価も下がります。

2012年には232.5万円だった設置費用が、2021年現在の相場では137.5万円

太陽光発電の設置費用は年を追うごとに安くなっています。平均的な5kwの太陽光発電を比較すると、2012年から10年間で、100万円近く設置費用は下落しました。2012年では1kwあたりに必要な設置費用は46.5万円でしたが、2021年には27.5万円まで下がっています。設置費用の低下理由には、発電システムの生産の一般化と、設置技術の効率化があげられます。電力買取単価は下がっていますが、設置費用も下がっているので、太陽光発電はより導入しやすくなっています。また、電気代の節約効果と電力買取による収入を合わせて考えると、経済的メリットも小さくありません。

太陽光発電設置のメリット

コールセンターでは電話での対応で、相手の気持ちを汲み取る必要があります。顕在的だけでなく潜在的なメリットを説明できれば、よりお客様の希望に添える形でサービスが提供できるはずです。太陽光発電の導入を検討する人たちは、どのような利点を求めているのでしょうか。以下で項目分けして紹介します。

電気代が節約できる

太陽光発電の最大のメリットが電気代の削減です。本来なら電気事業者から購入しなければ使えない電気を、自宅で発電して使えるので、その分だけ電気料金を節約できます。

再エネ賦課金が削減できる

電気料金の請求書には再エネ発電賦課金と書かれた項目があります。これは、再生可能エネルギーの普及を支えるために、電気を使用する全世帯が負担を求められるお金です。賦課金は電気使用量に応じて増額します。そのため、太陽光発電を利用して、電気事業者から購入する電量を減らせば、その支払額は減額します。

売電収入が得られる

太陽光発電のシステムを導入して得られる利益で最も大きいものが売電収入です。一般の家庭用太陽光発電ではその発電量の7割が売電収入に当てられています。1kwの太陽光発電が1年間に作れる電力量は1174kWhです。2021年度の太陽光発電の電力買取単価は19円/1kwhなので、平均的な5kwの太陽光発電システムを使っている家庭なら、年間約78,000円が手に入る計算になります。

停電しても電気が使える

分電盤から太陽光発電システムを切り離し、太陽光パネルが生み出した電力をパワーコンディショナーのコンセントから取れるようにすることを自立運転と呼びます。自立運転させると、太陽光発電システムは停電時でも電力供給ができます。災害時にも電気が使えるので便利です。

寿命が長い

屋外に設置にもかかわらず太陽光パネルの寿命は長く、20年から30年使えます。パネルのメーカー補償期間も長く、25年を設定していることが多いです。ただし、パワーコンディショナーは寿命が15年ほどです。そのため、太陽光発電システム全体としての保証期間は10年から15年となっています。

夏涼しく、冬暖かい

一般的に、太陽光発電を設置すると夏場に部屋が涼しくなります。これは強い日差しをパネルが受けて反射するためです。また、冬場は建物からの放射冷却をパネルが阻止するため、建物の温度が下がりにくくなります。

ZEHにつながる

ZEHとはNet Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の頭文字を合わせた言葉です。エネルギー消費量が基準値以下に抑えられ、さらに再生可能エネルギーの導入で、エネルギー消費量よりも多くのエネルギーを生みだす住宅のことです。住宅をZEH化すれば、光熱費が無料に近づき、断熱性に優れた温度産の少ない住環境になります。太陽光発電の導入はエネルギー生産につながるため、ZEHにつながります。ZEHは補助金がでる場合があるので、太陽光発電を導入するときには検討してみるとよいでしょう。

蓄電池と相性が良い

蓄電池と組み合わせれば、太陽光発電は停電や災害時でも電気を供給することができます。また、太陽光発電は基本夜間は使えません。ですが、蓄電池を使えば、日中にためた電力を夜間に回すことができます。蓄電池と組み合わせれば、太陽光発電は停電や災害時でも電気を供給ができます。

エコキュートなどオール電化と相性が良い

太陽光発電はオール電化ととても相性がよいです。オール電化住宅は夜間と日中の電気料金設定が異なりますが、日中の電気代が高くなる時間帯を太陽光発電の電気ですごせば、電気料金が安く使えます。さらにエコキュートを利用して、夜間の安い電気料金でお湯を沸かせば、オール電化であっても電気料金が高くなりません。

環境にやさしい

太陽光発電の源は、無尽蔵エネルギーを持つ太陽です。そのため、発電時に火力発電所のように二酸化炭素を排出しません。また、二酸化炭素の他にも、窒素酸化物や硫黄酸化物の排出もしません。クリーンで環境負荷が小さい発電システムです。

太陽光発電設置のデメリット

太陽光発電の導入を検討するお客様が不安に感じないように、デメリットへの質問に対しては、メリットよりも適切に回答をする必要があります。それには高い対話能力やトラブルに対応するスキルが必要です。日本テレネットのようなスキルチェックや研修でオペレーターの水準を一定以上に高めている会社に依頼すれば、デメリットも臆することなくお客様に説明できるでしょう。以下では、代表的な太陽光発電設置のデメリットについて解説します。

設置費用が高い

設置費用が年々安くなっているとはいえ、それでも100万円を超す金額は安いものではありません。この費用がデメリットと捉えて、導入に踏み切れない人は多いでしょう。導入費用の捻出には、ソーラーローンの利用や地方自治体の補助金を使うなどすれば、費用負担が幾分か軽減されます。

メンテナンスが必要

システムは常に万全で動いてくれるわけではありません。発電出力が下がったり不具合が生じることもあります。そのため、メンテナンスが必要です。なお、近年の太陽光発電システムは保守点検や修理を、設置業者以外に依頼していることが少なくありません。連絡を受けたオペレーターが、お客様を待たせずに業者とやりとりを仲介できるかは、コールセンター選びの重要なポイントです。

発電量が天候に左右される

天候不良が続いたときには、太陽光発電は十分な発電量が確保できない場合があります。また、冬場は日照時間が夏場よりも短くなるため発電量が減るのは避けられません。蓄電池と合わせて太陽光発電を使えば、安定的な利用が可能です。

業者の倒産リスクがある

設置業者の選定は注意する必要があります。太陽光発電の設置業者が倒産してしまうと、メンテナンスなどのアフターフォローが受けられない可能性があるからです。契約を急ぐ業者や、設置料金が安すぎる業者には気をつけましょう。

設置時には「配置図・接続図・機器取扱説明書」が必要

太陽光発電の設置には、建物の電気系統とシステムを結び付けなければなりません。そのためには、建物の配置図・接続図のほか、家庭内にある機器の取扱説明書といったものが必要です。特に、パワーコンディショナーはブレーカーとの位置関係が大切です。配線平面図や電気配線図があるなら設置前に準備しておきましょう。

太陽光発電設置は信頼できる業者選びが大切

太陽光発電は長く使うものなので、設置には安心できる業者を選ぶことが重要です。任せられる業者かどうかは、次の3つのポイントを抑えて検討するとよいでしょう。まず、太陽光発電の知識やこだわりを持っているかです。次にアフターフォローです。良い業者は顧客との長い付き合いを望みます。最後に電話対応がしっかりしていることです。お客様の声が届く業者を選ぶことが大切です。

なお、太陽光設置に関して顧客の増大を企図するなら、日本テレネットのBPOサービスをおすすめします。専門知識の蓄積や、対応スキルのブラッシュアップがはかられているので、太陽光発電の知識についても適切に受け答えできるからです。太陽光発電は10年間で100万円近く設置コストが下がっているので、今が設置を促す最適なチャンスといえます。このチャンスをものにするためにも、まずは日本テレネットに問い合わせてみましょう。

資料ダウンロード

日本テレネットBPOサービス紹介資料

日本テレネットBPOサービス紹介資料

自社回答率99%を超えるヘルプセンターなど、高度な専門性のテクニカルサポートで高い顧客満足度を実現します。


「コールセンター代行サービス選びのポイント」については
【2020年版】アウトバウンドコールセンター代行サービス選びのポイントとは
【用語集】コールセンター委託を成功させるための必須用語まとめ【2020年版】
の記事もぜひご参照ください。

日本テレネット・コールセンターの強み

日本テレネットが
コールセンターの
よくあるお悩みをすべて解決します。

大手クライアントを中心とした豊富な運営実績

情報集約-蓄積-分析などセンター運営15年以上の実績、ノウハウを利用し、効率化と品質向上が可能です。またコールセンターの新規立ち上げもスムーズに対応可能です。

ベテランオペレーターによる安定した品質

自社回答率99%を超えるヘルプセンターなど高度な専門性の高いテクニカルサポート運営が可能です。

業務量に応じた柔軟な運営体制

繁忙期や閑散期に応じた運用体制を構築しコスト効果の高い対応が可能です。

付加価値のサービスを提供

案内や判断領域を拡大しワンストップで幅広い対応をすることによりセンターのお役立ち価値を高めています。

BCP対策による安心運営

クラウドCRM導入で台風や地震等の大規模災害による交通機関の急な遅延でもリモート対応可能です。

日本テレネット・コールセンターの導入事例

資料ダウンロード

日本テレネットBPOサービス紹介資料

日本テレネットBPOサービス紹介資料

自社回答率99%を超えるヘルプセンターなど、高度な専門性のテクニカルサポートで高い顧客満足度を実現します。